生徒の頭の中に「スペース」をつくるためにソフィー学習塾で行っている35の取組

従来の塾では生徒たちの頭にどんどん情報を詰め込もうとします。しかし現代社会に生きる子供たちの頭の中はすでにいろんな情報でいっぱいで、なかなか新しい情報は頭に入っていきません。そこでソフィー学習塾ではまずは生徒の頭にある情報を一旦外に出してもらうなどして「生徒の頭にスペースをつくる」ことを優先して行っています。

classroom-summur-2015

「生徒の頭にインプットすること」vs「生徒の頭にスペースをつくること」

従来の塾は情報を「生徒の頭にインプットすること」に優先して取り組みます。しかし、現代の小中高生の頭はすでに様々な情報で頭がいっぱいです。もちろん思春期特有の悩みごとも頭のにたくさんあるでしょう。すでに満タンな頭にいくら新たな情報をインプットしようとしても、なかなか情報は入っていきません。そこでソフィー学習塾ではまず頭から不要な情報を出してもらったりして「生徒の頭にスペースをつくること」を最優先に行います。これを行うことで、新しい情報が頭のにどんどん入っていきやすくなり、学習成果が上がりやすくなるのです。
ソフィー学習塾では「生徒の頭のにスペースをつくること」の取組として非常に沢山の取り組みを行っています。

生徒の頭の中に「スペース」をつくるための35の取組

細かい取組は無数にありますが、主なものをあげると次のようなものがあります。

1.話を聞く

学校の授業や部活が終わって生徒が塾に来たときには、すでに様々な情報や考えで頭の中がいっぱいになってしまっています。そこでまずそのときに頭の中にあることをスタッフがゆっくり聞いてあげるのです。それにより頭がスッキリし、心も落ち着いて、自然と学習に気持ちが向かいやすくなります。

2.コーチング

学習する内容を教える側の都合で勝手に決めてしまっては生徒のやる気はなかなか上がりません。直近でどんな成果を上げたいと思っているのか?何を不安に思っているのか?何に自信があって何に自信がないのか?そして将来の夢は何なのか?などをコーチングしながら聞き出して、本人の中で明確になるようにサポートしていきます。

3.目標設定

コーチングの結果に基づいて、たとえば定期テストへ向けてや入試に向けて、もしくは長期休暇のときには長期休暇が終わるまでなどの具体的な目標を講師と相談しながら明確にし決めていきます。目標がハッキリすることで、やる気が継続しやすくなります。

goal-setting-sheet

4.トップダウン

いきなり目の前の問題を生徒に解かせるのではなく、その問題がたとえば次の定期テストの全体の中でどのような位置を占めていてどれ位の重要度があるのか、など、全体像を確認してから目の前の問題に取り組んでもらうようにしています。全体像を確認することはたとえば山登りの際に一歩目を踏み出すときに前もって地図を確認するようなもの。全体像がわかることで、一歩一歩を踏み出す方向性や意味がわかり、やる気がわきやすくなります。ソフィーではこのアプローチを「トップダウン」と呼んでいます。

5.生徒に意図的に質問する

目標を設定する際や、教科内容を学習していく際など、講師は生徒にできるだけ質問を投げかけるようにしています。質問をすることで頭のにはスペースができやすくなり、情報が入っていきやすくなります。

tomomi-student

6.スモールステップに学習単位を区切る

たとえば1時間の学習を15分単位で区切ったり、1枚のプリントの問題数を少なくするなどにして、ひとつの学習単位を小分けにしています。これにより「わんこそばはいつもよりたくさん食べられる」ような効果が働き、多くの学習量を無理なくこなしやすくなります。

wanko-cards

7.来塾時間を選べる(10分単位)

生徒の部活や生活リズムに合わせて来塾時間を10分単位で選べるようになっています。自分に合った時間が選べることで、塾での学習にスムースに集中しやすくなります。

8.振替が自由にできる

従来の塾では振替がしにくかったりしますが、ソフィーでは予定時間の直前まで振替可能。部活や家族の都合、もしくは体調不良などで急に予定変更したいときは誰にでもあるものです。そういうときにムリに出席する必要がなく都合に合わせて来塾できるので、より学習に集中しやすくなります。

student-schedule

9.好きな教科が選べる

通常の塾では塾に行く前にその日学習する科目は決まっているものです。しかし、生徒の事情は日々変わります。急にその日英語の先生が「明日英単語のテストをする!」と言い出すかもしれません。そうするとその日の塾の数学の授業には集中しにくくなります。だって明日の英単語のテストの準備をやっぱりしたいからです。そこでソフィーでは生徒の事情などに合わせて学習する教科をその日変更することができるようになっています。

subject

10.好きな学習方法が選べる

同じ教科を勉強するにしても、生徒それぞれで学習方法の好みは違います。英単語を覚えるにしても、コツコツ紙に書いて覚えるのが好きな人もいれば、単語帳を作って覚えるのが好きな人もいます。先生に問題を作ってもらってそれに取り組んでいくのが好きな人もいれば、ホワイトボードに大きく書いて覚えていくのが好きな人もいます。まずは講師が「学習方法はいくつもある」ということを紹介した上で、生徒は自分の好みやそのときの気分で選べるようになっています。

white-board

11.好きな教材が選べる

同じ教科を同じ学習法でやっていくにしても、教材の好みが分かれることもあります。問題集を繰り返しやっていくにしても、ちょっとしたフォントの違いやイラストの有無で好みが分かれ、その好みが集中力に少なからず影響します。

mappingTest

12. 好きな席に座れる

通常学習塾では自分が座る席は決められていることが多いものです。しかしソフィーでは空いている席の中から好きな場所をいつも選ぶことができます。角の席が好きな人もいれば、真ん中の席が好きな人もいます。窓際の席が好きな人もいれば、奥の壁際が好きな人もいます。自分の気持ちが「しっくり」来る場所を選んで座ることも集中力に良い影響を与えます。

divide

13.ミニレクに参加自由

ソフィー学習塾では生徒が選択して参加できる少人数クラス「ミニレク」を随時開催しています。選択して参加することで受け身で受けている授業とはまったく違った集中力が発揮されやすくなります。また受験生向けには毎週日曜日に行っている「朝練」などの企画もあり、こちらも自由に参加ができます。

morning-training

14.個々の状況に合わせた対応

ソフィー学習塾では基本的に教え方は一人ひとりに合わせています。イメージとしては江戸前のお寿司屋さんが注文を受けてからお寿司を握る感じです。そのときの生徒の気持ちや状況に合わせた細かい対応が可能になります。

personalized quiz

15.手書き問題作成

コンピューターソフトでつくる問題やワープロ打ちするプリントもありますが、意識的に手書きで作った問題を多めに用意するようにしています。無機的なプリント教材が多い中、手書きのプリント教材は温かみがあり、生徒のやる気や集中力を高める効果があるようです。hand-written-test

16.生徒が自分でコピー

ソフィー学習塾オリジナルプリントにもう一度挑戦したいときや、学校で配られたテスト範囲表をコピーしたいときなどは、基本的に生徒が自分でコピー機を使ってコピーするようにしています。クラスの間ずっと同じ所に座っているのではなく、コピーをするために立ち上がって少し移動するだけでも気分転換になり、頭の中にスペースが生まれやすくなります。

xerox

17.ライブラリーの設置

教科以外のことや教科内容を深めるような本を生徒たちが借りられるようになっています。たとえば学習まんがでも最近は優れたものがあるので、それらをスタッフが厳選してライブラリーを揃えています。

library

 

18.異学年が同じ教室で学習

集団指導のように学年別に教室が区切られていませんし、従来の個別指導のようにブースがパーテーションで仕切られてもいないので、異なる学年の生徒が学習している姿が自然と目に入ってくるようになっています。これにより下の学年の生徒は先輩たちの学習している姿や内容がなんとなく眼や耳に入ってくるので、それが上の学年に進む際の良い準備に自然になっていきます。また先輩たちは後輩たちの頑張る姿を見て「負けてられない」という刺激を受けたり、時には後輩たちに教科内容を教えることで自分自身の良い復習にもなったりもします。

19.高校生センパイ制度

高校生で将来教育関係に進むことに興味があったりする生徒は「センパイ」として小学生や中学生の学習サポートに入ってもらっています。年齢が近い「センパイ」からのサポートは生徒たちにとって大きな刺激になります。

training

20.飲み物飲み放題

ソフィーでは生徒たち用にお茶などの飲み物を用意しています。飲み物を飲みながら学習することでリラックスしやすくなり、集中力がアップしやすくなります。

drink

21.コロコロ付きの椅子

ソフィー学習塾の椅子の多くは脚に「コロコロ」がついています。これは生徒が学習中に体を動かしやすいように、と意図されたものです。体を動かすことで脳は活性化しやすくなり頭の中のスペースができやすくなるのです。

blue-chair

22.ブルーのカーペット、椅子

教室は薄いブルーのカーペットや椅子を多めに使っています。この色は精神を安定させ、学習する際の集中力を高める効果があるのです。

blue-carpet

23.BGMを流す

教室には常にBGMを流しています。適切な音楽を流すことで学習効果は高まります。その日の天気や教室の雰囲気などに合わせてスタッフがその都度「DJ」として曲を選んでいます。

24.観葉植物

教室内には観葉植物をふんだんに配置しています。観葉植物を置くことで生徒がリラックスしやすくなり、学習効果が高まりやすくなるからです。

benjamin

25.無垢の木の机

学習机の大半はスチールや樹脂のものではなく、無垢の木のものを使用しています。より自然に近いもののほうが生徒をリラックスさせる効果があるためです。

desk

26.水槽

教室の玄関には水槽があり、生徒たちを迎えています。これも自然のものを目にすることで玄関から生徒たちが入ってきた瞬間にリラックスできるようにという効果を考えてのものです。

fish-tank

27.トゥルーライト

教室内のライトは「トゥルーライト」という特別なライトを使用しています。このライトは太陽光と全く同じ波長の光を出すもので、長時間この光の下で学習しても疲れにくいという効果があります。

28.空気清浄機を使う

教室内には空気清浄機を数台配備。ダニやホコリはもちろん、空気中のウイルスやその他の有害物質なども取り除き、学習環境を整えています。

air-cleaner

29.高性能掃除機でダニやホコリを徹底除去

毎日の掃除にも高性能の掃除機を使用。カーペットに残りがちなダニやホコリを徹底的に除去しています。教室で使っているミーレ社の掃除機は、吸引力が強いだけでなく排気性能も秀逸。そのため他社製品にはない空気清浄の能力もあり、教室の空気をキレイに保つのに一役買っています。

vaccum

30.室温・湿度の管理

教室内の複数箇所に室温計と湿度計を設置。その数値を常にチェックし、生徒たちが学習に集中しやすい最適な室温を保っています。

thermometer

31.柑橘系のアロマ

玄関および教室内にアロマ・ディフューザーを設置。レモンやオレンジ・グレープフルーツなど、集中力を高める効果があるアロマをほのかに漂わせています。

aroma-diffuser

32.高機能の壁紙

教室の壁に使われている壁紙は「オガファーザー」という自然素材を使った特別なもの。ウッドチップと再生紙で出来ていて化学物質を一切使っていないため、環境にも体にも優しいものです。また調湿効果もあり、教室の空気を最適なものに調整するために一役買っています。

33.教室新聞の発行

教室の方針などを理解していただくために保護者向けの教室通信を毎月発行しています。毎月のメインの記事は保護者にお伝えしたいメッセージを書き下ろしています。教室の方針をより深くご理解頂くことで、保護者の気持ちに余裕ができやすくなり、それが間接的に生徒たちの心の余裕にもつながりやすくなるように、ということを意図して発行しています。

34.保護者向けイベント

新聞などではお伝えしきれない内容もあります。保護者向けのイベントを定期的に行い、ソフィー学習塾の方針理解を深めるサポートを行っています。

35.保護者面談・電話/メール相談

保護者の面談や電話およびメールでの相談を随時受付けています。保護者は子供のことをいろいろと心配するもの。話を聞くだけでも心配が和らぐことも多いので、優先的に時間を取るようにしています。

 

まとめ

このようにソフィー学習塾では「生徒の頭にスペースをつくること」の取組をたくさん行っています。しかも、まだまだこの他にも細かい取組をたくさん行ってるのです。これらの圧倒的な数の取り組みを行っているから、ソフィー学習塾では自然に無理なく大きな成果が上がるのです。教室に実際来てみるとこれらの取組の成果として出来上がっているやわらかい雰囲気を感じることができると思います。まずはぜひ体験会などで教室を体感してみてください。