小学生の子どもの「割合が苦手」で不安なお母さんお父さんへ

こんにちは。ソフィー学習塾の北岡です。今回のタイトルは、小学生の親御さんからよく問い合わせがあることについてです。

割合が苦手だと「算数も数学もだめになる」って誰が言った??

小学生の子どもを塾に通わせるかどうかを考え始めるとき、
つまり子どもの勉強に対して不安に思いはじめるのはいつかというと、

圧倒的に「割合の単元の理解不足」がきっかけになることが多いです。

いまでいうと小学5年生の範囲ですね。

この不安についてなんですが、

結論からいうと、
「割合が苦手だから、数学が苦手になる」って勘違いですよ!

これを、声を大にして言いたいし、
世間的に浸透したほうが子どもたちの数学力の芽を摘まないのですが、
親からしたら不安なんですよね、きっと。

一般的に「小学校の割合の苦手から数学嫌いが始まる。」みたいになっていますから。

けど、これ、はっきり言って本質をつかんでいない人の、
それっぽいマーケティングの常套句だと思っています。
つまずきやすい単元に狙いをつけて生徒を集めたいだけです。
(辛辣にいうなら「数学の本質と子どもの認知能力、学習意欲の関係を、何もわかっていないからそんなこと言えるのでは」って思います。)

確かに、「割合」でつまずく子って多いんですが、
小学生範囲の「割合」って概念の理解もむずかしすぎるし、
割合と一緒に学ぶ「単位あたり量」なんて、日本語の耳ざわりもよくないから
すんなり理解できなくて当然です。

たとえば
「7/4㎡あたり、8/9ℓの水が必要です。1㎡あたり何ℓ必要ですか?」という問題文、
音読しにくい文ということもあり、子どもにとって理解できないのが、まず当たり前、と思わなくてはいけません。

そもそも割合の単元って、
算数の範囲の知識では、「立式」も「意味で理解する」のも相当むずかしいんです。

割合は、意味を考えて立式するとなると、
絶対に中学1年で習う方程式で理解したほうが簡単です。

うちでは「割合」を小学校のやり方で理解できないことを理由に
よっぽど落ち込んでいる小学生には、
方程式での立式と考え方を伝えることもあるんですが、
そうすると小学5年生でも「ああ~そんなもんなのか」って理解できますよ。

それくらい、割合の単元は中学で習う方程式向きです。

そして、割合の概念が「完全に理解」できるのって多分、
そもそも中学生までじゃ無理です。
(ましてや小学生なら、なおさらです。)

高校範囲の化学や生物が入ってくると
密度や各種濃度、溶解度など色んな「割合」が出てくるんですが、
そういった色んなジャンルの割合に触れていくことで
本当に割合がしっくり体得できる時がきます。

(むしろ、小中学生で習う「歩合(割・分・厘)」とか「百分率(%)」の問題が解けるくらいで、
「うちの子、割合はできててよかった」なんて思うのも違います。
高校生で理数が得意な生徒でも、「本当の意味で」割合を理解して使いこなせる子って少数派だと思います。)

ちょっと脱線しましたが、
小学生に、自分(大人)と同じくらいの理解を求めてはいけません。
とくに、算数知識での立式は「できなくて当然」くらいでいて大丈夫です。

大人には、
「数学の方程式を習ったら、そっちのやり方でできるようになるよ」
という言葉をかけてあげるくらいの余裕
が欲しいです。

周りのお友達ができていても、小学生で「理解」している子なんて本当にまれです。
理解できていないけど、文章からどの数字をどの順番で式にあてはめればいいか、と
パズルのように覚えているだけです。

(先に書いた単位あたり量で言えば、 割り算の性質上、 「÷」のあとに「1単位あたり」の数字を入れれば誰でも解けます
「7/4あたり、8/9ℓの水が必要です。1㎡あたり何ℓ必要ですか?」は、
「8/9 ÷ 7/4」ということです。)

誤解を恐れず言ってしまえば、
「あまり理解していないけど、割合は問題が解けるようになればいい」くらいで、
大人にはどっしり構えていてほしいです。

文章のキーワードから、 「よくわからないけど数字を当てはめていけば解けるな」 と子どもが思える状態なら、苦手意識なんて持ちません。

小学生くらいは「わからなくてもできれば満足」なんです。
小学生だけでなく高校生くらいまでもほとんどの子がそうかもしれません。

それでいて、「わからないけど、できているから苦手だと思わない」というのも人間です。

だから、子どもとのコミュニケーションの中で、
「よく内容を理解していない」と思ったとき、
「あなた、正解しているけど、理解していないじゃない…しっかり勉強しなさい。」
なんて言おうものなら、それこそ、算数・数学の苦手意識が芽生えます。

子どもは「できていたから苦手科目だと思っていなかった」のに、

自分の信頼する大人の言葉(ダメ出し)から、 「できていているのに理解してないから苦手教科ってことなのか、これ…(´;ω;`)」
と学ぶわけです。

小学生のうちに割合で理解すべきことは、
「半分」と「1/2」と「5割」と「50%」が同じ、
ということがわかっていれば、概念理解は十分です。

そういった、簡単な意味の理解から、
少しずつ時間をかけて身についていくので焦らないでください。

中学生・高校生、をすでに経験している大人こそ、
「文章題の解き方は算数と数学では全然ちがうからなあ~。
そもそも中学以降ってほとんど方程式しか使わないし、
割り算の立式もほとんど必要ないんだよ。
中学からがんばれば、割合だってむしろわかりやすいし、得意になるかもよ」と
言ってあげて欲しいものです。

もし、それでも不安なんだ、という方がいらしたら、

不安に思わなくなるような説明をするのでぜひ塾にいらしてください。

私たちは、

小学生のうちに「不安に駆られて塾に入ること」は子どもにとって良いこととは思いません。

ですから「割合が苦手だから塾に入れようかと思う」という方、 「割合が苦手じゃなかったり、中学で割合が克服できる理由がわかったら塾に入れない」という方には、 「塾は焦って入れないほうがいいと思いますよ」と伝え続けます。 そのぶん、遊びや夢中になれることに時間を費やしてほしいと思っています。