学校が「塾っぽく」なってきているからこそ確認すべきチェックリスト

年々、「学校」がだんだん「塾や予備校っぽく」なっています。

もう少し正確に言うなら「<かつて>の塾や予備校っぽく」です。

学校全体で「大学進学実績」を気にしている。
高校入学してからすぐに受験を意識させている。
これは、別に悪いことではありません。かといって、良いかと言われると良いともいえない。
多分、「需要」の問題も大きいし、学校教育のなかに予備校や民間進学サービス会社が食い込んできていることも大きいでしょう。

たしかに、保護者や生徒の「学校だと受験対策にならない」という声は昔からよくあるものですし、高校側としても「大学実績」がよければ「売り」になると、なんとなく思い込んでいる。

しかし、注意しなければいけないのは、進学実績を気にしすぎる学校では、全体的に基礎的なことを飛ばしがちになって、中間層のポテンシャルをつぶしかねないことです。

というより、基礎練習を生徒任せにしたり、高校の定期テスト問題ですら受験ばかりを意識している高校は、高校入学時に上位層だった生徒を中間以下に押し下げるといってもいい。

高校受験時や高1の時点で偏差値No.1高校の中間層が、高校入学後や大学受験時においてNo3以下の高校の生徒に逆転される理由は、

学校で基礎的なことを扱ってもらっているかどうか、が大きいんです。

基礎という土台がしっかりしていれば、知識やスキルが高く積みあがるから、結果的に逆転するんです。

基礎的なことを授業で飛ばしても、適応力が非常に高かったり、基礎的なことを自主的に訓練できる生徒はどうにか食いついていけます。

しかし、中学レベルの優等生だと、要領の良さで中学時代を過ごしているので、基礎的な自主練のような学習習慣がないと高校や大学受験ぎりぎりで相当苦労することになります。

逆に言えば、学校が基礎的なことをカバーしているなら自分で応用や受験対策をやり、学校が基礎的なことを飛ばしているなら自分で基礎練習をする必要があります。

 

つまづきやすい数学と英語について、基礎的な学習が学校でカバーされているかどうかの目安を以下のリストに書きました。
基礎練習をどれくらい学校でカバーでき、どれくらい自分でやらなければいけないか考えてみましょう。

【基礎的なことを重視している授業の目安】
<教科共通>  

  • 単元ごとに何が重要なのか、最低限どういうことができればよいのか説明がある

<数学>

  • 用語の意味説明がある。
  • 公式の導出について最低1回は解説がある。
  • 教科書問題や問題集の基本レベル問題を条件を変え、繰り返し課題や小テストで扱っている。
  • 問題集や配布プリントをきっちりやり込めば定期テストで6~7割くらいは取れるように設定されている。
  • 定期テストで全くの初見パターン問題や受験問題が2割以下程度に収まる。

<英語>

  • 文法用語の意味の説明がある。
  • 重要例文の解説や補足説明がある。
  • 勘違いしやすい事項や間違いやすいものについて適宜説明がある。
  • 複雑な長文は構文解釈(SVOC等)をする。
  • リーディングで扱う単語の類語、派生語にも言及する。
  • 教科書や問題集、プリントの例文を丸暗記すれば6~7割くらい得点できるレベルの定期テストになっている。

以上のリストであてはまるものが多い人は、基礎的なことをやっている授業を受けているので定期テストでは8割以上をとれるようにし、自分の家庭学習や市販の問題集は応用の練習をしましょう。
あてはまるものが少ない場合は、基礎的な事項が抜けがちなので、教科書や参考書を自分で読み、わからない用語や単語は面倒くさがらず調べる、問題集の例題を瞬間的に解けるまで練習する、という習慣や時間をどう作るかを意識しましょう。
自分の学校に合わせて内容判断したかったり、基礎事項の練習や学習習慣づくりのきっかけを作りたい方は、まず体験や相談からいらしてみてください。

HP: https://www.sophy-juku.com/

最終更新日: | 初回公開日:
投稿: | カテゴリ: ブログ