2018年冬期講習 中3生対象「受験生目標確認ミニレク」予告

こんにちは!ソフィー学習塾の谷口です。

来週からいよいよ冬休みに入る学校も多いのではないでしょうか。

冬休みといえば、受験生にとって最後の長期休みになりますね。つまり冬休みは受験生にとって、とてもとても大切な時間となります。 

この冬休み追い込むことによって著しく伸びる生徒もいれば、勉強不足であっという間に追い抜かれてしまう生徒もいます。

そんな受験を左右する貴重な冬休みとわかっていても、ほとんどの生徒が初めての受験なので、どう過ごして良いのかわからず、なんとなくで勉強をして過ごしてしまう生徒も多いのではないでしょうか。

そこで12月22日に中学3年生対象の「受験生目標確認ミニレク」を開催します。

このミニレクでは目標確認や冬休み取り組むべきこと、冬休みの過ごし方を確認していきます。

冬休みの始めにどのくらいの期間で何点伸ばさなければいけないのか全体像を捉えることで、冬休みに取り組むべき内容が見えてきます。取り組むべき内容が見えてくると、どのくらい勉強が必要なのかもおのずと見えてくるでしょう。

この全体像を捉えてから細かいところを理解していくことをソフィーでは「トップダウン」と呼んでいます。

受験まで残り3か月。目標に向けた取り組み方は、”ひとりひとり変える”必要があります。たとえば、5教科で100点上げる必要があるなら、苦手や得意問わず1教科に固執するよりも全体的に基礎固めや受験生正答率の高い問題をやり直す必要があります。一方、10点あげたいのならば、1教科や少ない単元に絞って集中して勉強することが有効的です。

このように目標や得意不得意によって何をすべきかが変わってくるのです。しかし多くの塾では同じ内容、同じスピードで授業を進めていくので効率が悪いといえるでしょう。ですから、まずは全体像を捉えてから取り組むほうが、自分に必要な勉強を計画的に進めることができるのです。

そして自分に必要な勉強を計画的に進めることで、有意義な冬休みを過ごしてほしいと思います。

※この「トップダウン」についてはブログ記事「大量の情報を頭で処理するための2種類の学習アプローチ:ボトムアップとトップダウン」に掲載されているので、よろしければご覧ください。